新卒採用支援サービスのサイトで採用効率を上げる

HOME > 新卒採用支援サービスのポイント > 新卒の採用時期はいつごろがベストか

新卒の採用時期はいつごろがベストか

新卒を採用するために企業が早く行動することが多くなっています。
人手があるのかないのか、採用しやすいようになっているのかどうか、というのはかなり時期によって違うのですが、人手不足が懸念されることが後数年は続くでしょうから早めに採用計画を立てるべきではあるでしょう。
では、いつごろから活動を始めた方がよいのか、ということになりますが、はっきりいってかなり曖昧ではあります。
ですが、学生が始めようとしている時期から逆算すれば大よそベストな時期は予測できます。
それが3年次の冬ごろになります。
4年になってからでは遅い、というのが昨今の風潮になります。
協定などがあるわけですが、企業紹介という形などでその前からアピールする企業は後を絶たないですから、早めに始めるようにしたほうがよいでしょう。
少しでもよい人材を確保するためには必須です。



ニーズが期待できる新卒の採用チャンスを生かす

就職氷河期とも言われた時期が過ぎ、最近では求人に関しても活況を迎えています。
有効求人倍率が回復し、25年ぶりに高水準を記録する等、経済的な回復基調も目立つようになりました。
企業でも積極的な新卒の採用に乗り出し始めているので、求職者側も豊富な選択肢から将来の仕事を厳選できると考えて構いません。
もちろん、新卒者の採用でも求人に対する条件を持っているので、企業側の提示する条件とうまくマッチングできるかを確認したほうが安心です。
給与や賞与の他にも、待遇面で確認する項目が数多くあります。
有給休暇の日数だけではなく、消化率がどの程度なのか、長く働くには安定的な経営が欠かせないので、希望する企業の業績も事前に把握しておくことになります。
新卒の採用では、求職者側も初めての経験で、わからないことがたくさんあるため通っている教育機関の専門担当に相談することで疑問点を解決しておきましょう。



新卒の採用のポイントとはどこにあるのか

新卒を定期的に入れることになっている企業は意外と大変です。
まず、一定数、確実に確保する、というのがなかなか難しいからです。
就職氷河期などであればまさに入れ食いといえることもありますが、景気がよいですと応募者を確保することすら難しいことがあります。
ですが、色々とアプローチをしていきますと問題なく進められる可能性が高くなります。
例えばOBを使う、という手もあります。
つまりは自社の社員の出身校から引っ張ってくる方法です。
昔はよく行われていたことでしたが今ではそこまで多いわけではないです。
ですが回帰してやってみる価値はあるでしょう。
今時はネットで求人広告を出し、人員を確保するのが当たり前ですが自社の社員の伝手を使うのも一つの手といえるでしょう。
確実に採用しないといけないわけではありませんし、学校側に打診してみるのは十分に利点があります。

次の記事へ

PAGE TOP