新卒採用支援サービスのサイトで採用効率を上げる

HOME > 新卒採用支援サービスのポイント > 新卒で若手の採用を考えることも大事です

新卒で若手の採用を考えることも大事です

長く続いていく企業もたくさんあり、若手社員を育てていくことも重要になるため、新卒採用に力を入れる企業も多いです。
求人を出しても、なかなか人材が集まってくれないこともあり、少子化も進んでいるため、人材確保が難しいと感じる所もあります。
そこで、採用支援のサービス情報をチェックして、サポートをしてもらうことによって、活動を進めやすくなります。
ただ求人を出しても、なかなか興味を持ってもらえないこともあるため、サポートしてくれるサービスを見つけることで、より多くの方に注目してもらい、面接などの試験を受けてもらえるようにいろんな工夫ができます。
中小企業の中には、人手が足りない状態で、採用活動に力を入れていくのが難しいと感じる所もあるため、支援サービスの情報を集めながら、早めに行動できるようにすることも大事です。



新卒の採用で男女差はつけられるのか

男女雇用機会均等法というのがあり、これによって募集、採用する人数を男女別に設定ができないようになっています。
これは新卒の採用にも適用されることになりますから、注意しておきましょう。
ですが、実際にどのくらいの人数を雇用したのかを男女別に実績として見せることには問題はありませんから、それは表示、明記してもよいです。
募集段階において、男女採用するといいつつ、選考段階で性別による選考が行われることがありますとそれは問題になりますから、注意するべきです。
担当者は雇用に関する法律関係をしっかりと熟知している必要があります。
男女差をつけることはできないのですし、区別も募集段階、選考のときに行ってはいけないことになっていますから、キチンと男女区別のない選考を行うようにしましょう。
新卒のときにもこれは必須になります。



新卒の採用求人サイトがあります

新卒を上手く採用したいのであれば今時の就職活動生がどんなところを利用して仕事を探しているのか、求人を見つけているのかをよく知るとよいでしょう。
ほぼ求人サイトを利用していることになります。
ですから、新卒を採用したいのであればその手のサイトにまずは登録をすることです。
求人サイトというよりは、完全に新学卒生を対象にしたサイトにするとよいでしょう。
学生のほうから見ますと大体、3年次の冬前には登録をしている人が多いですから、つまりはその前に登録しておいたほうがよい、となります。
少しでも多くの人に見てもらうことがよい人材を獲得するためには必須であるといえるからです。
ちなみに当然ながらサイトに企業の求人情報を載せてもらうことには料金が発生します。
長くなればなるほどコスト高になっていきますから、ある程度で採用活動を打ち切る、というのもコスト面では考える必要があります。

次の記事へ

PAGE TOP